披露宴での両家を代表しての挨拶

披露宴のおひらきが近づいたら、新郎の父親が両家を代表して謝辞を述べるのが通例です。また、場合によっては、新郎自身が謝意と今後の抱負を述べる挨拶をすることもあります。

特に、披露宴の招待状を新郎新婦の名前で出した場合には、ふたりを代表して新郎が挨拶するのが常識といえますね。

いずれにしても、参列者にこちらの謝意が伝わるような、心からの挨拶でありたいものです。また、司会者の挨拶は別として、披露宴のしめくくりを意味する挨拶であるわけですから、くどくどならないように、簡潔かつ誠意ある謝辞を心がけることが重要です。

挨拶の例として

「本日は皆様方、ご多用中のところ新郎新婦のためにお出かけくださいまして、まことにありがとうございます。またご媒酌の労をとっていただきました○○様ご夫妻には心から感謝いたします。

不行き届きや失礼な点が多々あったかと存じますが、なにとぞお許しくださいますよう、お願い申し上げます。
私は新郎の父親でございますが、皆様方のお力添えによりまして、めでたく挙式ならびに披露の運びとなりましたことを、限りない喜びといたします。

先ほどから、皆様方のご祝辞や数々のあたたかい励ましのお言葉を肝に銘じて、若い2人は決意も新たに船出していくことと存じます。

しかし、ふたりともなにぶん若輩の身でありますから、今後とも皆様方のご指導、ご鞭撻を賜りたく、両家を代表して謹んでお願い申し上げます。

本日はまことにありがとうございました。」
| 挨拶
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。